ひとてま戦隊アレンジャー

洋服や小物のひと手間リメーク(リメイク)・アレンジを紹介しています。

ダイソーの手ぬぐいで湯上り着をつくってみた

夏の湯上がりは汗だく

夏でも湯舟に浸かると気持ちがいいですね。

でも、当然ながら湯上がりは暑い。

湯上がりにルームウェアを着たら、すぐに汗だく。
「洗いたてなのにー!」となったりしますよね。

そこで、バスローブ的なものを購入しようかと思っていたのですが。

 
バスローブはかさばるので洗濯物が増えそうだな、、、と思いまして。
乾きが悪いと不快だし、、、。

他に何か薄手の生地で吸湿性に優れたものはないだろうか。

そして、思い浮かんだのが手ぬぐい。

というわけで、ダイソーの手ぬぐいで大人用の湯上がり着(※)を作ってみました、というお話です。
(※汗がひくまでの間、一時的に着用するものです)

Beforeがダイソーの手ぬぐいでAfterが湯上がり着の画像

ダイソーの手ぬぐいで湯上がり着を作ってみた



 

ひとてまの戦い

使った材料

・手ぬぐい 4枚
(今回は、柄の異なるものを2枚ずつ。
 長さが同じものが好ましいです)

・ひも 160cm程度
(短いひもの場合はつける位置を変えれば対応可能)

材料の詳細

手ぬぐいは、ダイソーで購入しました。
メインに使ったのはこれ。

だるまや鳥居など、日本風の絵柄がプリントされたカラフルな手ぬぐいです。

ダイソーの手ぬぐい①


上の写真と同じ柄のものを計4枚買うつもりだったのですけど、、、。

2枚で作れるかな、とケチって2枚しか買わなかったんです。
でも2枚だと無理と判明し、追加購入に行ったときには同じ柄の手ぬぐいはありませんでした。。。

というわけで、別の柄の手ぬぐいをもう2枚購入することに。

グレーの地に白い星が点在している手ぬぐいです

ダイソーの手ぬぐい②

メインの手ぬぐいがカラフルなので、それに合うもの、、、と探したら、このグレーの手ぬぐいくらいしかなかった……。

メインの手ぬぐいの絵柄を見ると、石灯篭などは濃グレーでプリントされているので、合わないことはなさそうです。


ひもは、以前購入した洋服に付属していたもの。

緑色の平たくて細いひもです

ひも

メインの手ぬぐいでは、松や五重塔などにうぐいす色が使われているので、緑も合うだろうな、ということで使いました。

広告  


手順

① デザインを考える

2枚の手ぬぐいを並べてみて、どんなデザインにするか考えます。

今回は、和柄手ぬぐいをメインにして、両端に半分にカットしたグレーの手ぬぐいを配置することにしました。
(イメージ)

真ん中に和柄の手ぬぐい、両端にグレーの手ぬぐいを並べてみたところです

手ぬぐいを並べてみる


(参考)
(同じ柄の手ぬぐいを4枚使う場合は、単純に二枚ずつ縫い合わせて前身ごろと後ろ身頃をつくり、肩のところをつなげるだけでもOK)


② グレーの手ぬぐいを半分にカットする(+状況によってはミシンがけ)

メインではないほうの手ぬぐい(本記事ではグレーの手ぬぐい)の短い辺の方を半分に折り、カットします。

グレーの手ぬぐいの短い方を半分に折り、カットするところです

サブ手ぬぐいを半分にカット

本来であれば、手ぬぐいは切りっぱなしで使えることが多いので、このまま次の工程に移っても大丈夫かもしれません。

ただし、ダイソーの手ぬぐいの場合ですと、目が粗く、明らかにほつれてきそうな感じがしたので、カットしたところを(細めに)三つ折りにして、ミシンをかけました。

半分にカットした手ぬぐいの端にミシンをかけます

カットしたところをミシン掛け

 


とにかく手軽に、という場合は、切りっぱなしでOKのものを選ぶとよいかと。
(切りっぱなしOKでもある程度のほつれは生じるので、それを考慮して縫い代を多めにとっておいてください)

 

 
さて、本題に戻りまして。
サブ手ぬぐいのカット&端の処理が終わりました。

グレーの手ぬぐいをカットして端にミシンをかけ終わったところです

同じパーツが4枚できた

③ メイン手ぬぐいとサブ手ぬぐいを縫い合わせる×2

わざわざ説明するまでもないかもしれませんが、メインとサブを縫い合わせていきます。

メイン手ぬぐいとサブ手ぬぐいを中表に合わせたところ

中表に合わせて

和柄の手ぬぐいとグレーの手ぬぐいを重ねてミシンをかけていくところです

メインとサブを縫い合わせる

メイン手ぬぐい(和柄)の左右両方にサブ手ぬぐい(グレー)を縫い合わせたらこんな感じになりました。

真ん中に和柄の手ぬぐい、両端にグレーの手ぬぐいを配置し、縫い合わせてできた表身ごろ

表身ごろが完成

これと同じものをもうひとつ、つくります(後ろ身ごろ)。

広告  


④ 前身ごろと後ろ身ごろを肩のところで縫い合わせる

まずは、肩のところをクリップなどで仮止め。
実際にかぶってみます。

前身ごろと後ろ身ごろを合わせてクリップで仮止めしたところです

肩の部分を仮止め

この状態で、頭からすぽっとかぶってみたところ、ちょうど良い感じでした。

つまり、サブの手ぬぐい(グレーの部分)どうし、前身ごろと後ろ身ごろを縫い合わせればよいということになります。

縫い合わせる部分を決めたら、中表にしてミシンをかけていきます。
(工程③にて、メインとサブの手ぬぐいを縫い合わせたとき、縫い代が生じたと思いますが、どちらに倒しても大丈夫です。)

前身ごろと後身ごろを縫い合わせた結果がこんな感じ。

前身ごろと後身ごろを肩の部分で縫い合わせたところです。

前身ごろと後身ごろを肩の部分で縫い合わせた

⑤ ウエスト部分にひもをつける

通常のワンピースであれば、サイドを縫うのですが、湯上がり着なので、縫わずにひもで結ぶことにしました。

というわけで、ひもの位置を決めます。

実際に被ってみて、この辺にひもがあるといいなというところに目印をつければOKです。
(背中にチャコペンなどで印をつけるのは大変なので、洗濯ばさみなどで挟んでおくだけで十分)

背中側にひもを縫い付けたものがこちら。

手ぬぐいでつくった後ろ身頃に緑色のひもをぬいつけたところ

後ろ身ごろにひもを縫いつける

(今回は、後ろ身頃を横断するようにひもをぬいつけましたが、短いひもしかない、という場合は、ひもを二本に分けて後ろ身頃の左右端につければOKです。)

これにて完成。

完成

前身ごろを身体に巻き付け、後ろ身頃を前に持ってきて、ひもで結びます。

手ぬぐいで前身ごろと後ろ身頃をつくり、前でひもを結ぶタイプの湯上がり着です

手ぬぐいでつくった湯上がり着

実際に着用してみるとこんな感じ。

手ぬぐいで作った湯上がり着を着用した画像です

手ぬぐいで作った湯上がり着 着用画像


写真では、透け防止のため、下にキャミソールを着ています。

まだ手ぬぐいにノリがついた状態なので、洗濯すると少し風合いが変わるかもしれません。
使用感含め、後日報告します。

→後日、改善しました!

hitotema-arranger.hatenablog.com

注意事項

手ぬぐいの特性上、生地が薄いので、透けることが予想されます。
ご自宅以外での使用は控えていただいたほうが無難かと思います。

透けるのを避けたい場合は、濃色の手ぬぐい(紺色など)を使用するか、手ぬぐいを二枚重ねにするなどしていただければ、と思います。

肌触りを重視される場合は、品質のよい手ぬぐいをご使用ください(ダイソーのものは目が粗いです)。
使い古した手ぬぐいを使うのもいいと思います。


広告  

おわりに

合計440円(ひもを買ったとしても550円程度)で湯上がり着をつくることができました。

(後日談)
このデザインだと、使いづらかったので、脇を縫って、ワンピースタイプに改善しました。

hitotema-arranger.hatenablog.com