ひとてま戦隊アレンジャー

洋服や小物のひと手間リメーク(リメイク)・アレンジを紹介しています。

【つくってみた】ダイソーの手ぬぐい計8枚でくつろぎシャツ

ダイソーの手ぬぐいでシャツをつくってみた

ダイソーの手ぬぐい合計8枚(リメイク品含む)を使って、ゆったりしたシャツを作ってみました。

涼しく、汗をよく吸収するので、夏の部屋着(特に節電時)におすすめ。

広告- - - - - - - - - -

 



使用素材

・ダイソーの手ぬぐい(33cm×90cm程度)4枚(※)
・ダイソーのミニ手ぬぐい(45cm×45cm)4枚

詳細

(※)昨年購入し、湯上がりに着るワンピースにしたもの。脇を開いて一枚の布にし、再使用しました。

使用した手ぬぐい

中央にメインの手ぬぐい、両脇に半分にカットした手ぬぐいを配置し、縫い合わせてある状態です(詳しく>>>【つくってみた】ダイソーの手ぬぐいで湯上がり着(ワンピース)① )。

追加で購入した手ぬぐいはこちら。

45cm×45cmの手ぬぐい

型紙

『家庭科3だった私が365日、手作り服で暮らしています』に記載のシャツの型紙をベースにしています(手ぬぐいの配置などは自分で考えています)。

作業のようす

前身ごろのパーツを準備

前身ごろを裁断

手ぬぐいを縫い合わせた生地から前身ごろのパーツを裁断。
和柄を生かす配置にしました。

前身頃(左右で二枚)

 

後ろ身頃のパーツを準備

まず、ミニ手ぬぐい4枚を重ねて縫い合わせて、大きな生地にしました。
ダイソーの手ぬぐいは、端が切りっぱなしではなく、処理してあるので、縫い代がゴロゴロしないよう、(中表にせず)重ねて縫いました。

ミニ手ぬぐい4枚を縫い合わせた

柄合わせがズレてしまっていますが……まあ、試作だからいいか。

後ろ身頃を裁断

片方を「わ」にして、後ろ身頃を裁断。
背中にアクセントとなるタック(?)を仕込み、広げたところ。

後ろ身頃

 

前身ごろと後ろ身頃を縫い合わせる

肩のところで縫い合わせる

襟ぐりの処理

襟ぐりにバイアステープ

一般的にバイアステープは生地に対して45度の方向に沿ってとりますが、手ぬぐい生地はわりとフレキシブルに伸縮するので、手ぬぐいの端っこからまっすぐ取って使いました。

襟ぐりができた

袖パーツの準備

先に裁断を済ませておくのが普通ですが、身頃の柄バランスを見て決めたかったので、この段階で袖デザインを考えました。

残りの手ぬぐいをつなぎ合わせて、裁断。

袖を裁断

すそは元々の処理を生かしてそのままにすることに。

本体と袖を縫い合わせる

袖をつけたところ

脇と裾を縫う

脇を縫う

裾を縫ったら、かなり完成に近づいてきました。

裾を縫う

ボタンホール&ボタンつけ

ボタンホールをつくり、ボタンをつけた

完成!

平置きの状態

壁にかけた状態

広告- - - - - - - - - -

 



着心地

ゆったりめに作ったので、風がよく通って涼しいです。
汗をよく吸い、乾きも速いので、生地が肌にはりつかず、非常に心地よいです。

夏の部屋着は手ぬぐいウェアしか着られない気がしてきました。

(改善点メモ)

・袖が少し長かったので、もう少し短いほうがより涼しいかも。
・衿のバイアステープ部分は直に肌に触れるので、柔らかい生地がよさそう(ダイソーの手ぬぐいだとややゴワつく)。