ひとてま戦隊アレンジャー

洋服や小物のひと手間リメーク(リメイク)・アレンジを紹介しています。

カシュクールワンピからブラウスを取り出す

 

以前、洋裁本を見ながら自分で作った、カシュクールワンピ。

hitotema-arranger.hatenablog.com

 
友人に「おしゃれな入院着」と言われ、リメイクを決意。

第一弾は、カシュクールワンピのスカート部分を再利用して、「巻きエプロン」にしました。

hitotema-arranger.hatenablog.com

 

今回は、カシュクールワンピの上身頃を、カシュクールブラウスにリメイクした、というお話です。

カシュクールワンピースを解体してカシュクールブラウスにリメイクしたBefore・Afterの画像

ワンピをカシュクールブラウスに

 

広告  

リメイクの詳細

上の画像からもわかると思いますが、ワンピースを腰のところでカットして、(上衣の)裾を処理&ボタンをつけただけのもの。

リメイクとしてはシンプルですが、気をつけたほうがよい点などもありましたので、詳細を書いていきます。

① ワンピースの腰の部分をリッパ―でほどく(or カット)

ワンピースの解体は。以前のリメイク時点(巻きエプロン作成時点)ですでにやっているので、今回は省略。

カシュクールワンピースの腰の部分をほどいて上下を分けたところの画像

カシュクールワンピを解体

カシュクールワンピースの上衣部分の画像

カシュクールワンピースから取り出した上衣部分

 

② バイアステープで裾を処理する

上身頃の丈に余裕がある場合は、裾は三つ折り+ミシンでOK。

今回は、丈に余裕がなく、三つ折りにするとつんつるてんになりそうだったので、バイアステープを使うことにしました。

100均(たしかwatts)で購入したものです。

クリーム色のバイアステープの画像

バイアステープ


バイアステープで裾をくるみ、ミシンをかけていきます。

裾をバイアステープでくるみ、クリップで留めた画像

バイアステープで裾をくるむ

バイアステープでくるんだ裾にミシンをかけている画像

ミシンがけ

 

注意点 バイアステープは幅広のものがおすすめ

今回は、12.5mm幅のバイアステープを使ってしまったのですが、幅広のバイアステープがおすすめ。


(たとえばこれとか。45mm は幅広すぎるかも)

 
というのも、気を付けていてもきちんと包めていない場合があるので。

バイアステープで裾をくるめていなかったため、裾が露出してしまっている画像

バイアステープできちんと包めていなかった

かなり気をつけたつもりだったのですが、裾にカーブがかかっていたり、ギャザー跡が残っていたため、3か所くらいミスりました。

しばらくミシンを進めてから「あっ。ここ縫えてなかった!」というのはショックですよね……。

最初からやり直すべきなんでしょうが、私は面倒くさいので、一部分だけリッパ―でほどいて、その付近を重点的に(返し縫をしながら)縫い直すという感じにしちゃいます。

基本的なことですが、バイアステープでくるむ前に、アイロンで生地を伸ばし、切れ端がガタガタしているところなどは切りそろえておく。
基本が大事なんですよね(自戒を込めて)。


広告  


③ ボタンをつける

端の処理が終わったら、ボタンつけに入ります。

カシュクールタイプですので、ひもをつけてもよいのですが、2way(前後どちらを前にしても着られる)にするとなると、ボタンのほうが着やすいかな、と考えました。

今回は、身頃の左右二箇所をボタンで留める形式にしました。

③-1 ボタン選び

というわけで、ボタンを2個選びます。
生地の上に手持ちのボタンを並べてみて、しっくりきたものでOK。

生地の上にボタンを並べた画像

ボタンの選定


今回は生地自体に模様がプリントされているので、ボタンは同系色(目立たないもの)にしました。

無地など、シンプルな生地であれば、デザイン性のあるボタンを使い、それをアクセントにしても良いと思います。


③-2 ボタンの位置決め

着用してみて、身頃がどこで合わさるかを確認。
(女性なら右前になるように確認)

身頃が合わさるところの端に、目印としてクリップをつけておきます。

つづいて、「ここにボタンがあったらちょうどいいな」というところにチャコペン等で印をつけます。
重なっている下の生地にも印つけを忘れずに。

生地にボタンを置いて、その位置を鉛筆で印づけしている画像

ボタンの位置を印付け

 


③-3 ボタンホールをつくる(二か所)

(自分のウエストあたりで重ねたときに)上にくるほうの身頃にボタンホールをつくります。

今回は大きいボタン使用のため、ミシンではボタンホールが作れなかったので、手縫いで作りました。

下書きに沿って少しハサミを入れ、

ボタンホールをつくるため生地にはさみを入れている画像

ボタンホールをつくるところにはさみを入れる

端っこは切りすぎ防止のためにマチ針をさしておくとよいです。
リッパ―でカットしてもOK。

ボタンホールの穴を切りすぎてしまわないように待ち針を止めた状態の画像

切りすぎを防止するために端にまち針

ボタンホールを作る前に、ボタンが通るかどうかも確認。

ボタンホール用の切り込みにボタンが通るか確認しているところの画像

ボタンが通るか確認


そして、穴かがりをしていきます。
細い糸だと大変なので、太目の糸がおすすめ。

手縫いでボタンホールを作るのは久しぶりなので、出来が悪いですが……。
まあ、ボタンが留まればいいということで…。

ボタンホールが二つならんでいる画像

ボタンホール


手縫いでの、ボタンホールの作り方を詳しく知りたい方はクチュリエさんのサイトがわかりやすくておすすめ。

手縫いでできる、ボタンホールの作り方 - クチュリエブログ


ボタンホールに限らず、手縫いをすると、ミシンの偉大さを実感しますね。

③-4 ボタンを縫い付ける

ボタンホールの位置に合わせて、ボタンをぬいつけます(2か所)。


これにて完成!

広告  

完成

完成したカシュクールブラウスの写真がこちら。

リメイクしたカシュクールブラウスの正面と背中側の画像

カシュクールブラウス


どちら側を前にしても着ることができます。

 


着用画像

カシュクールブラウスとして着用するとこんな感じ。

カシュクールブラウスを着用した正面の画像

カシュクールブラウスを着用


(ボタン部分が手で隠れてしまった)


前後を逆にして着てみても、意外と使えることが判明。

本来は背中側だった面を前にして着用してみた画像
前後を逆にして着用したときの、背中側の画像
背中側をフロントにしてみた




おわりに

シンプルなリメイク方法なので、「サクッと1時間くらいでできるかな」と思っていたのですが、意外と時間がかかってしまいました。
(バイアステープの部分的な失敗と、手縫いでのボタンホールづくりに苦戦したため)

というわけで、短時間でリメイクするコツは以下。

・裾は三つ折りにするか、幅広のバイアステープを使う
・小さめのボタンを選んで、ボタンホールはミシンでつくる


広告  



リメイクまとめ図

自作したカシュクールワンピ、リメイクの実態をまとめるとこんな感じになります。

カシュクールワンピースをブラウスと巻きエプロンにした概念図

カシュクールワンピのリメイク


こうして見ると、「セパレートしただけ」ですよね。
でも、実際に使ってみると、「ぜんぜん違うもの」という感じで新鮮だから不思議。