ひとてま戦隊アレンジャー

洋服や小物のひと手間リメーク(リメイク)・アレンジを紹介しています。

カーテンと古着でリメイクワンピ

使用感が出てきてしまった&飽きてきた、けれど気に入っているので捨てがたい。
そんな服はリメイクして寿命を延ばすことにしています。

今回は、
・プリントつきの白シャツ
・以前解体したワンピースのスカート部分
・要らないカーテン

を使って、ワンピースをつくりました、というお話です。

f:id:hitotema-arranger:20200422113756j:plain

古着とカーテンからリメイクワンピースを作った

 

 



使用した素材について

① 白シャツ

読書家のクマのプリントがかわいくて買った白シャツ。
生地感は少し厚手で、ハリがあって好みでした。

f:id:hitotema-arranger:20200323143903j:plain
f:id:hitotema-arranger:20200323143914j:plain
使用素材① シャツ


使用感が気になってきたことと、クマの絵柄を活かそうとするとコーディネートが意外と難しいので、リメイクしたいな、とここ一年くらい思っていました。


② 元ワンピースのスカート部分

以前、ワンピースを解体して、トップスにリメイクしました。

hitotema-arranger.hatenablog.com


そのときの、スカート部分の生地。

f:id:hitotema-arranger:20200323144142j:plain

元ワンピースのスカート部分



③ ダイソーのカーテン(500円商品)

取り急ぎ買ったダイソーのカーテン。
後に、新しいものに買い替えたので、不要となったもの。

普通のカーテンだと厚いですが、ダイソーのものは薄いポリエステル生地なので、「洋服の生地としても使えそう」ということで、使ってみました。

f:id:hitotema-arranger:20200323144811j:plain

ダイソーで買ったカーテン

広告

 

手順

デザインをなんとなく考える

今回は、白シャツのクマの部分を残したかったので、非対称なデザインにトライすることにしました。

リメイクものに関しては、なんとなくの完成イメージが頭のなかにできたら、私は手を動かし始めてしまうのですが、スケッチしたり手順を整理したりしておくと、丁寧な仕上がりになると思います。

白シャツをカット

白シャツを着てみて、どこでカットするか確認。
今回は片側のみカットしてみました。

f:id:hitotema-arranger:20200323145354j:plain

カット後の白シャツ



スカート部分をつなげていく

ワンピース解体時の残り生地を合わせてみます。

f:id:hitotema-arranger:20200323145526j:plain

シャツにスカート部分をつけていく

好みの丈になるように、つける位置を確認。

シャツの幅に合わせて生地をカット。
そして中表にしてミシンがけ。

f:id:hitotema-arranger:20200323145635j:plain

シャツとスカートのパーツをミシンで縫う


余ったシャツの裾(上の写真でいうと白い部分)はカットしても良いですが、さほど気にならなかったので、私はそのままにしました。

元ワンピースのスカート部分を使っているので、裾上げは不要でした。

この時点でこんな感じ。

f:id:hitotema-arranger:20200323150017j:plain

途中経過


つづいて、逆側もスカートをつけていきます。

(カーテン)生地を合わせてみて、さきほどつけたスカート部分と丈が合うようにカットします。

f:id:hitotema-arranger:20200323150201j:plain

カーテンをカット

生地が厚めなら、ストンとしたフォルムのワンピースにしてもよいと思います。

今回使用したカーテン生地はかなり薄手だったので、生地を多めに使って少しボリュームを出したいな、と。

ギャザーだと腰回りがふんわりしすぎて、失敗することがこれまで多かったので、プリーツっぽく仕上げることに。

(過去記事 カシュクールワンピのギャザーを失敗してマタニティウェア風になってしまった例) 

hitotema-arranger.hatenablog.com

 

プリーツといっても、ただ適当に生地を折って重ねていった感じです。

f:id:hitotema-arranger:20200323150922j:plain

生地を折って重ねてみた

とりつけてみた結果がこちら。

f:id:hitotema-arranger:20200323151607j:plain
f:id:hitotema-arranger:20200323151620j:plain
スカート部分をつけたところ

(前ボタンを留めていないのでぎこちなくなってしまった)

背中の腰のあたりを拡大してみると。

f:id:hitotema-arranger:20200323151508j:plain

後ろの腰のあたり(失敗)


うわ! ミスってる!

ここ、シャツを90度にカットした部分なのですが、縫い代の作り方を間違えてしまい、かなり微妙な結果に。

ほどくのは面倒だったので、上からステッチをかけてごまかしました。

f:id:hitotema-arranger:20200323151958j:plain

ステッチでごまかす

ついでに前身頃のスカート部分にもステッチ。

f:id:hitotema-arranger:20200323204154j:plain

ステッチをかける

ぬいしろがほつれないよう適宜ジグザグミシンをかけておきます。

前立てにボタンをつける

元のシャツについていたボタンとボタンホールはそのまま生かし、スカート部分のみにボタンとボタンホールを追加します。

生地がシンプルであれば、ボタンだけ目立つ色にしてもいいですね。
今回は、柄物なので、なるべく目立たないボタンを選びました。
ボタンの間隔は元のシャツと合わせました。

ボタンホールは一つや二つなら手縫いでよいと思いますが、多かったので、ミシンでつけました。

(ちなみに、ミシンで作るのは久々だったため、盛大に失敗しました……。
上糸の調子が強すぎたようで。
布の切れ端でいったん試すことをおすすめします。)

ボタンつけまで終わった時点での全体像はこちら。

f:id:hitotema-arranger:20200323205300j:plain

形が見えてきた

 

バランスを整える(ポケットや飾りをつける)

この段階で、出来が良ければそのまま完成とするつもりだったのですが、上の写真を見るとわかるように、想像以上にアンバランス。

非対称なデザインとはいえ、ちょっとチグハグかな、と。

そこで、ボリューム不足の方にポケットをつけてみることに。
ポケットはあるに越したことはないですからね。

f:id:hitotema-arranger:20200323210536j:plain

ポケットをつけてみた

悪くはないですが、まだまだボリュームが不足しているような……。

白シャツの、クマの絵の横あたりの空間がさみしい感じですよね。
ここにもう一つポケットをつけようか迷ったのですが、それもくどいような。

また、着用してみると、左右でウエストの高さが違うことが思いのほか気になる(あえてそうしているのですが、ちょっと違和感がなくもない)。

というわけで、視覚的にウエスト位置を揃えるため、装飾としてバイアステープを縫い付けてみることに。

f:id:hitotema-arranger:20200323210915j:plain

バイアステープを縫い付けてみたらどうだろう

クマの顔にかからない位置から始め、背中は中央で止めました。

その結果。

f:id:hitotema-arranger:20200323211057j:plain

バイアステープをぬいつけた後

ちょっとバランスがマシになった気がします。

バイアステープをつける前後で、着用して比較してみると……あったほうがよさそうです。

f:id:hitotema-arranger:20200323211440p:plain

装飾の効果


(写真の形がヘンテコですみません&鏡経由のため反転しています)


ちなみに背中側の様子は……

f:id:hitotema-arranger:20200323212018j:plain

後ろ


うーむ……いろいろ微妙。
バイアステープの飾りは前身ごろだけでよかったかも。

いいアイディアが浮かんだらまた手を加えるとして、とりあえずこれでリメイクワンピは完成とすることにしました。


おわりに

年齢を重ねても着られるデザインにするつもりだったのですが、ちょっと子供っぽくなってしまいました。

プリーツを減らし、ストンとしたフォルムにすれば、大人にも着やすいかな、と思います。



広告