ひとてま戦隊アレンジャー

洋服や小物のひと手間リメーク(リメイク)・アレンジを紹介しています。

キュロット・ペチパンツ

キュロット・ペチパンツ

洋裁本を参考に作ったキュロットが意外と活躍し続けているので紹介します。
(作ったのは何年も前のため、作製途中の写真はありません)

グレー、ネイビー、ブラックのキュロットを三枚重ねた画像

キュロットとペチパンツ

 

キュロット 夏の部屋着に最適

ネイビーのキュロットスカートを床に置いた画像

キュロット

外にも着ていくつもりで作ったのですが、薄手のコットンなので、外出着としては少々厳しいものが。
また、コットン100%生地を使用したため、洗濯ですぐシワッシワに。

というわけで、夏の部屋着として使用しています。
薄手のコットンのおかげで、涼しくてちょうどいい。

短めの丈なので、お手洗いのときにキュロットの裾が床につかないのもちょうどいい。

こちらはさらに丈が短いもの。

グレーのキュロットを床置きした画像

キュロット

ペチスカート的に使おうと思ってつくりました。
ですが、ペチスカートにしては、腰のあたりにボリュームあるので、ゴロゴロしてしまってイマイチでした。

結果、こちらも夏の部屋着として活躍しています。
ポリエステルの入ったコットン生地なので、洗濯してもシワシワすぎることはなく、使い勝手がいいです。

ペチパンツ

上記の失敗を踏まえ、改めて作ったのがこちらのペチパンツ。

黒い生地で作ったペチパンツを床置きした画像

ペチパンツ

裾がチラ見えしてもかわいいように、端が処理されている生地を選びました。
ドクロやバラ、コウモリも刺繍されていて、ハロウィンぽい生地かも。

出来としては「けっこう良い」と思ったんですが……肝心の着用感がイマイチ(泣)

ウエストがゴロゴロしないように、と幅をタイトにしすぎて、腰骨のあたりがきつくなってしまいました(汗)

着用時は大丈夫なんですが、上げ下ろし時に「破れはしないだろうか」とヒヤッとする感じ。

あと1センチくらい大きくしていれば……と後悔中。
サイドをほどいて、布を足そうかな。


広告  

【余談】防寒目的なら、ペチパンツの代用として「いらなくなったレギンスをカットしたもの」がおすすめ

ペチパンツは「上に着用するボトムスのすべりをよくする」や「透け防止」、「万が一見えても大丈夫なように」あたりの役割がメインかもしれませんが、「防寒」にも役立つアイテム。

コットンで作ったペチパンツは、暖かい時期はいいのですが、少し肌寒い季節だとスース―します(私が特に寒がりなせいかもですが)。

私が試した中で防寒に一番適したペチパンツは、いらなくなったレギンスやスパッツを適度な長さで切ったもの。

特に、使用しまくって伸びたやつがおすすめ。
使用感がありすぎてもう使えないや、という感じのものを、ひざのあたりでカットするだけです(端の処理をしてもいいですが、切りっぱなしでも大丈夫。ただし、ウエストのゴムがダメになっている場合は入れ替えが必要)。

すでに自分の体に合わせて生地が伸びているわけなので、薄手タイツの上から履いてもきつくならず快適。

ただし、デメリットもあります。
レギンスの生地によっては(綿100%など)、上に履くボトムスの生地とで摩擦が生じ、足さばきが悪くなってしまう場合も。

ツルツル系(ポリエステル)のレギンスやスパッツなら大丈夫かと。

私は、「タイツを履くほどではないが、太ももが肌寒い」というときに、レギンスをカットしたものを愛用しています。

(参考)
探してみたところ、あったか素材のペチコートもありました。
実際にどのくらい暖かいのかは疑問ですが。

 
あと、いいなと思ったのが裾にゴムが入っているタイプ。

 

おわりに

外出用のつもりでつくったキュロット。
外出には耐えないと判明して落ち込みましたが、部屋着としてもうずいぶん長い間(5年以上)使用しています。
相当回数洗濯しているはずですが、そこまでヘタらず。

思い入れはないけど、便利なアイテムなんですね。

ここまでヘビーユースするということは、気に入った生地で作り直すのもアリかな。


広告