ひとてま戦隊アレンジャー

洋服や小物のひと手間リメーク(リメイク)・アレンジを紹介しています。

UNIQLO190円カシュクールブラウスをアレンジ②

UNIQLOで190円で購入したカシュクールブラウス。
ウエストについていたひも(リボン)をとり、ボタンで留めるタイプにアレンジしました。

白いカシュクールブラウスのアレンジ前後の写真

ひもを取ってボタンで留める方式にした

 

 


広告  

 

UNIQLOで190円で購入したカシュクールブラウス

UNIQLOのワゴンに積まれていた190円のカシュクールブラウス(数年前の話)。
あまりの安さに驚き、ネイビー・ブルー・白の三枚を購入しました。

今回は、白のカシュクールブラウスにひと手間加えました。

(他二枚のカシュクールブラウスの簡単アレンジは下記記事で紹介しています。)

hitotema-arranger.hatenablog.com

 

ひとてまアレンジ

元のブラウスを床置きするとこんな感じ。

白いカシュクールブラウスを床に広げた画像

カシュクールブラウス

 

① ウエストリボンを外す

使いづらさの原因は、長すぎるウエストリボン。

下記写真ではそんなに長く見えないかもしれませんが、売り場の見本品は、ウエストリボンで床を掃除していました。

白いカシュクールブラウスのウエストリボンをほどいた状態で床に置いた画像

ウエストリボンが長すぎて使いづらい

このウエストリボンをリッパ―で外していきます。

カシュクールブラウスのウエストリボンをリッパ―で外しているところの画像

ウエストリボンをリッパ―で外す

ウエストリボンを外したところを、ミシンで縫います。

ウエストリボンを外したところをミシンで塗っているところの画像

ミシンがけ

こんな感じになりました。
ちょっと柔道着っぽい?料理人っぽい?かも。

カシュクールブラウスのウエストリボン除去後の画像

ウエストリボンを外した


② ベルトループなども外しておく

ウエストリボンを通すためにベルトループがついていたので、それもリッパ―で外しました。
リボンを通す用の穴もあいていたのですが、そちらも手縫いで塞ぎました。

(私はこの作業をうっかり忘れており、後で外したので、次工程の写真に写ってしまっていますが、無視してください)

 

③ ボタン選び

今回は、ボタンで留める形にします。

手持ちのボタンをブラウスの上に乗せてみる。

白いブラウスの上に透明の水色のボタンを並べた画像
白いブラウスの上にチェック柄のボタンを並べた画像
ボタン選び


夏仕様にするなら、左の画像のような、透明のボタンが涼しげでいいですね。
少しポップにしたいなら、右画像のようなチェック柄もいい。
(ちなみにどちらのボタンもダイソーで購入したものです)

好みとしては水色の透明ボタンなのですが、春や秋口も着られるほうが便利かな、と思ったので、シンプルに白ボタンでいくことにしました。


④ ボタンホールをつくる

ブラウスを羽織ってみて、「この辺りで留められたらいいなー」という位置を把握します(簡単でいいので目印をつけておくとよいです)。

その後、床置きにして、ボタンの位置を正確に決め、印をつけます。

ボタンをつける位置に印をつけているところの画像

ボタンつけ位置にしるし


印に基づいて、ボタンホールをつくります。
ボタンホールは手縫いだと超大変なので、ミシンで作るのがおすすめ(仕上がりもきれいです)。

ブラウスに作ったボタンホールの画像

ミシンで作ったボタンホール

今回は、ボタンホールを左右脇に2つずつつくりました。

 

⑤ ボタンを縫い付ける

④でつくったボタンホールの位置を確認しながら、ボタンを縫い付けていきます。

これにてアレンジ終了!。

ブラウスの両脇にボタンをつけたところの画像

ボタンをつけて完成

 ハンガーにかけてみると

ウエストリボンをとって、ボタンで留めるようにアレンジした白いカシュクールブラウスの画像

ウエストリボンをとってボタンで留めるアレンジ





着用画像

平置きの状態だと、柔道着とか料理人っぽい感じがありましたが、実際に着てみるとウエストがほどよく絞られています。

アレンジした白いブラウスの着用画像

着用してみた

(鏡越しのため、反転しています)


広告  

使用感

・ボタンが両脇なので、少々留めづらい
・肩にバッグをかけていると、バッグの重みで少し方が出そうになる

あたりが少し気になりましたが、原材料費190円なので、まあまあ合格点なんじゃないかな、と自分では思っております。


(参考)カシュクールの前合せってどうしたいい(左右どちらが上にくる)の?

和服では、男女とも「右前(右側の布を内巻き)」。
洋服では女性は「左前(左側の布が下にくる)」となりますよね(ボタンダウンシャツなどを見るとよくわかると思います)。

しかし、カシュクールタイプのワンピやブラウスって、「洋服」だけど、襟元は「着物」に似ているし、どうしたらいいんだろう、と迷いました。

少し調べてみたところ、「どちらでもよい」みたいです。

今回アレンジしたカシュクールブラウス、売り場では「右前(着物スタイル)」でしたが、「左前(洋服スタイル)」に変更しました。
(本記事冒頭の「Before After画像」をご参照ください)


広告