ひとてま戦隊アレンジャー

洋服や小物のひと手間リメーク(リメイク)・アレンジを紹介しています。

ひとつぶジュエリー風ピアス

ひとつぶピアス

派手なピアスも好きなんですが、毎日つけるとなると、結局一粒石タイプのピアスが便利だなあと感じます。

 
特に最近は、マスクをつけたり外したりするので、大きいピアスは煩わしかったりもしますよね。 

一粒タイプだと、本物の宝石でも、そこまでお値段が張るでもないのがありがたい。

しかし、その小ささゆえ、数えきれないほど紛失してきました……。

一つひとつは高額でなくても、紛失分を全て合わせたら結構なお値段になるのではないか。

そう思うと、最近は「おそらくそのうち紛失するから、日常使いのアクセサリーは安物でいいや」と思うようになりまして。

パーツを買ってきて自分でつなげて作ることが多いです。

hitotema-arranger.hatenablog.com

 


以前テキトーに作ったデコレーションシールを貼ってレジンで固めただけのピアスは、すこし大きい&チープさが目立つ感じになってしまったので、改めて「ひとつぶジュエリー風ピアス」を作ってみました、というお話です。

 

ひとてまの戦い

準備するもの

パーツクラブで購入したスワロフスキーとピアス金具のパッケージが写っている画像

ぴとつぶピアス材料(の一部)

・スワロフスキークリスタル(ライトサファイア)
・ピアス 台座(←クリスタルとサイズを合わせるのがポイント)
・(接着剤)
・レジン(ダイソーで購入したもの)

手順

スワロフスキークリスタル+レジン

もうお気づきかと思いますが、パーツクラブで買ったスワロフスキークリスタルを、同じくパーツクラブで買ったピアス台座につけるだけです。

スワロフスキーのガラスパーツとピアスの台座が並んでいる画像

スワロフスキーをピアス台座につける

最初、瞬間接着剤でつけようと思ったのですが……スワロフスキークリスタルの底が円錐形になっていたため、半球状の台座と合わず。
手持ちの瞬間接着剤ではなかなか接着しませんでした。

もっと強力な瞬間接着剤であればつけられるとは思いますが、接着面が少ないので、そのうちとれてしまいそう。

というわけで、ライトサファイアと同系色のライトブルーのレジンを垂らしました(困ったらすぐレジン)。

スワロフスキークリスタルをピアス台座に乗せてレジンを垂らしたところの画像

スワロフスキークリスタルをピアス台座に乗せてレジンを垂らしたところ

太陽光下に置いて、硬化すれば完成。

写真がうまく撮れていませんが、スワロフスキークリスタルの輝く感じは残ったまま、レジンのぷっくり感が加わって、ちょうどいい感じになりました。


広告  

レジンのみでもいける

ピアス台座がまだ余っていたので、レジンだけ乗せてみたらどうなるかな、と思って試してみました。

ピアスの台座にレジンを垂らしているところの画像

ピアス台座にレジンを垂らす

ピアスの半球状台座にライトグリーンのレジンを乗せたところの画像

ピアスの半球状台座にレジンを乗せたところ

(ピントが完全にずれてますが……)レジンだけでもなんとなくそれっぽくなりました。

ピアスの半球状台座にレジンを乗せ、横から撮影した画像

横から見る


ただ、ちょっと色味が薄い気がするので、レジンだけ使うなら濃い目の色味のものがいいのかな、と思いました。

 

 

使い心地

・使いやすい
・一つ当たりの原価は30円くらい

ですので、まあまあ合格かな、と感じています。

デコレーションシール+レジンのピアスは正直に申しますと「ちょっとミスったかな」と思っていたのですよ。

色味は好みなのですが、だんだんチープさが気になってきたというか。
あと、ピアスの台座が大きめだった(ダイソーだとこれしかなかった)ので、シールの横から台座が見えてしまうのが気になっていました。

今回のひとつぶピアスは、スワロフスキークリスタルを仕込んだおかげ&台座が小さいので、チープさがあまり出ずに済んだかなと思います。


広告