ひとてま戦隊アレンジャー

洋服や小物のひと手間リメーク(リメイク)・アレンジを紹介しています。

衿レースワンピース

以前の記事でも紹介した、青木めぐみさんの洋裁本。
青木めぐみ『NANATONEのおしゃれBOOKソーイングバリエーション』

NANATONEのおしゃれBOOKソーイングバリエーション (レディブティックシリーズno.3296)

NANATONEのおしゃれBOOKソーイングバリエーション (レディブティックシリーズno.3296)

 

 この本を参考に、「スクエアヨークのブラウス」を作ってみたところ、なかなかかわいくて気に入ったので、ほかの洋服も作ってみました、という話です。

(過去記事)

 

衿レースワンピース 

スクエアヨークのブラウスの次に作ったのは、「衿レースワンピース」。
洋裁本に記載されている見本は、ブルー系の生地で作ってあって、とてもさわやかなイメージです。

ワンマイルウェアというのでしょうか、ちょっとそこまで、くらいなら着ていける雰囲気。
しかも、技術的にそこまで難しそうでもない。

そして手元には1メートルあたり100円で購入した(激安!)濃いベージュというか、カフェオレ色の生地がたくさんある。

というわけで、完成したのがこちら。
(※写真は完成したてではなく、何年も使用した状態です)

f:id:hitotema-arranger:20190331225321j:plain

衿レースワンピース

胸元のレースとギャザーがかわいいです。
が、色味のせいでしょうか、部屋着感が強くなってしまいました。

なので、ワンマイルウェアとしての使用は潔くあきらめ、部屋着として何年も使用しています。

f:id:hitotema-arranger:20190401001253j:plain

後ろ

ただ、完全なる部屋着として考えると、ちょっと窮屈に感じるかも(部屋着として設計されていないので当然なのですが)。

寝転んだり体育座りしたり、リラックスの姿勢をとると、腕を上げにくいような、動かしにくいような感じはあります(※私の裁縫技術が未熟なせいもありそうです)。

また、私は、袖をまくり上げるのが癖なのですが、こちらのワンピースはわりと手首のあたりがタイトなので(※私の裁縫技術が未熟で寸法が狂っている可能性あり)、そこは自分の好みドンピシャとはいかず、でした。

とはいえ、実際に部屋着として何年も愛用しているのですけど。


反省点(失敗から学ぶ)

部屋着として使うのであれば、シワになりにくい生地を使えばよかったかな、と思いました(TCブロードとか、ポリエステルが入っている系)。

 

また、激安だからと衝動買いした生地のため、色味が好みではなかったので、もうちょっとこだわればよかったかな、と思います。
せっかく自作するなら、長く使いたいですからね。

次に何か作るときは、そのあたり気を付けようと思います。


広告