ひとてま戦隊アレンジャー

洋服や小物のひと手間リメーク(リメイク)・アレンジを紹介しています。

三角ショール(NHKすてきにハンドメイドより)

毛糸の質感があまり好きではないのに、冬になると編み物をしたくなる、という矛盾した状況に陥る私。

ただ手を動かしたいだけかもしれないので、手軽に試せる「毛糸 de リリアン」にトライしてみたものの、私の編みもの欲は満たされず、結局はかぎ針編みを始めてしまった、と以前の記事で書きました。
 



かぎ針編みは、小学生の頃にマフラーを編んで以来(その後何度かとりかかりはしたのですが、完成する前に飽きて放置してばかり)。

そんなかぎ針編み初心者の私、「今回こそは途中でやめずに最後まで編むぞ」と決意。
ただし、何を編むかの選定は重要。
ここを妥協すると、結局中断することになりますので。

・毛糸の質感は好きではないので、直接肌に触れる系はNG
・難しくて挫折しそうなものはNG

と思っていたところ、以前TV番組の「すてきにハンドメイド」で紹介されていた三角ショールのことを思い出しました。

ショールなら、洋服の上から羽織るのでチクチクを感じにくいし、技術的に難しすぎるわけでもなさそう、ということで、GO!

以前は「すてきにハンドメイド」で紹介されている作品って、「素敵だけど、自分にはしっくりこない」と思いがちだったのですが……。
番組が対象としている年代より若かったからでしょうか(つまり、年を重ねたということか……)。

さてさて、参考にしたのは『NHKすてきにハンドメイド 2018年10月号』。
表紙の写真に載っている三角ショール、色合いが素敵で、どんな服にも合いそうです。

NHKすてきにハンドメイド 2018年 10 月号 [雑誌]

NHKすてきにハンドメイド 2018年 10 月号 [雑誌]

 

 
かろうじてマフラーを編んだことがあるレベルの人間でも、こちらの本を見ながら編み上げることができました。


完成までの戦い

いつ中断するかもわからなかったので、毛糸は全て100均で揃えました。

・オフホワイト(ダイソー)
・グレー(セリア)
・ブルー~パープル(グラデーションになっているもの)
・ネイビー

の四種類。
全部で11~12玉くらいは使用したかと(記憶が曖昧ですが)。

f:id:hitotema-arranger:20190324000135j:plain

毛糸

最初のうちは、編み方をいまいち理解できておらず、何度もほどいては最初からやり直しました。

私の場合、初期の段階で妥協すると、たとえ完成させても「ああ、ここ妥協しちゃったんだよな……」と思って使わなくなってしまうのです(変なところだけ完璧主義……)。

5~6回やり直しつつ、やっと22段目くらいまできました。
毛糸を変えるタイミングは、『NHKすてきにハンドメイド 2018年10月号』にある編み図そのままではなく、少しアレンジしています。

f:id:hitotema-arranger:20190324115338j:plain

22段目くらいまで編んだところ

このくらいまで編むと要領がつかめてきます。
繰り返し作業も多いので、編み図なしでも編めるようになってきます。

この後、『NHKすてきにハンドメイド 2018年10月号』によれば、51段まで編んで、最後にフリンジをつける、という手順になっています。

私は、フリンジは要らないと思ったので、52段まで編んで完成としました。

※デザイン的には、フリンジがあった方がかわいいと思うんですけど、手を洗うときなどに邪魔になりそうな気がしたので、実用性を重視しました。
(『NHKすてきにハンドメイド 2018年10月号』によれば、三角ショールを羽織った上からエプロンをかけると家事のときにも邪魔にならないと書いてありました。確かに! とはいえ、エプロンをしない場面が多い場合はフリンジなしのほうが無難かも)

広告  



途中経過の写真を撮ってないので、いきなりですが完成した三角ショールの写真です。

f:id:hitotema-arranger:20190324120322j:plain

三角ショール 広げた状態

広げるとかなり大きいです。
測ってみたら、幅は190 cmくらいありました。

写真の右下あたり、ボコッとなっている部分は、編み方を間違えたというわけではないのですが、ショールが波打っており、それが蛍光灯の影となってしまいました。
少しアイロンを当てればよかったのかな。

もちろん、上手な方は波打ったりせずに平坦な仕上がりになるのだと思われますが、初心者にしてはまぁまぁ合格点かなと思っています。

f:id:hitotema-arranger:20190324122853j:plain

三角ショール 背中部分拡大



肩にかけるとこんな感じ。

f:id:hitotema-arranger:20190323233108j:plain
f:id:hitotema-arranger:20190324121702j:plain
三角ショール 肩にかけたときのイメージ


胸元で結ぶのもよさそうです。
コットンの糸で編めば、チクチク感もないので、ストールのように首にぐるぐる巻けそう。

私は手前にくる部分を、腰の後ろにまわして、帽子クリップで留めて使ったりもしています。
そうすると、手を洗うときなども、ショールの端が落ちてこず、濡れるのを気にする必要がなくてよいです。

一番温かいのは、写真右のように、両肩まで覆ってしまうスタイル。ぬくぬくです。


おわりに

真冬に編み始め、しかも時間がなくて放置の時期もあったので、三角ショールが完成したとき季節はもう春になっていました。

外で使うのは季節外れですが、まだ寒い日もあるので、しばらく自宅で使ってみようと思います。

使い心地がよければ、春用にコットンでもう一枚小さ目のものを編もうかな、なんて思っているところです。


広告