ひとてま戦隊アレンジャー

洋服や小物のひと手間リメーク(リメイク)・アレンジを紹介しています。

帯生地でミニトートをつくってみた

帯生地を使って、ミニサイズのトートバッグを作ってみました。

帯生地が使われているトートバッグの写真

帯生地でつくったトートバッグ

 

材料

・帯
(未使用の反物があったので今回はそちらをを使いましたが、すでに帯になっているものでもOKと思います。)

・裏地用の生地
(すでに帯の形になっているものは裏地がついていると思いますので、その場合は不要です。)

・持ち手用のひも(かばんテープ)

かばんテープのパッケージの画像

かばんテープ

私はダイソーで購入しました。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
広告  

つくりかた

① 帯生地をカット

横幅は帯の短辺をそのまま利用します。
深さ(高さ)はお好みで。

今回は、二つ折りにしたときにだいたい正方形になるような長さでカットしました。

帯生地をハサミで裁っているところの写真

帯生地をカット

➁ 裏地を裁断

①でカットした帯生地に合わせて、裏地用の生地もカット。
(すでに帯形状になっているものは、裏地がついていると思いますので、そのまま利用してOK)

二枚の布、その間にハサミが置かれた写真

裏地をカット

③ 重ねて袋の上の口部分を縫う

帯生地と裏地を重ねてから二つ折り(帯の表側が内側にくる)にします。

二つ折りにした生地が床に置かれた画像

帯と裏地を重ねる

端(袋の口になる部分)を三つ折りにして処理。

袋の口部分だけ先に縫った

④ ポケット用生地を裁断

ポケット用生地(横幅は帯生地と同じもの、高さは半分くらい)を二枚切り出しました。面倒ならポケットは省略してもOKです。

床の上にサテン生地が二枚広げてある画像

ポケット用生地

端(ポケットの口になるところ)を三つ折りにして(アイロンをかけるとよい)ミシンがけ。

生地の端を三つ折りにしてクリップで留めてある画像

ポケットの口になるところを三つ折り

床の上に長方形の生地が置かれた画像

ポケットの端を処理


⑤ ポケットを本体につける

本体生地を二つ折りにしたときの折り目から5センチくらい上にポケットを置き、まち針などで留めます。
このとき、ポケットの底部分の端を内側に折っておくのがポイント。

トートバッグの袋部分(裏)の生地にポケットを仮留めしたところ

ポケット生地を本体に仮留め
⑤-1 ポケットの底を縫う

二つ折りにしていた本体生地を一旦広げて、ポケットの底部分と本体を縫い合わせます。
※二つ折りのまま縫ってしまうとトートバッグの底が閉じてしまうのでご注意を。

ポケットの底部分を縫いつけてから、再び本体を二つ折りにしたのがこちら。

f:id:hitotema-arranger:20210426175329j:plain

ポケットの底を本体生地にぬいつける

ポケットの底が縫えました(水色で囲んだところ)。

逆側にもポケットを付ける場合は、もう一箇所のポケットも同様に。

(⑤‐2 ポケット口の中央部分を本体に縫い付ける)

ポケットが大きく、かつ、裏地生地が柔らかいと、ポケットがでろんと内側に垂れてきてしまいます。
これを予防するために、ポケットの口の中央あたりを数センチ、本体に縫い付けておくとよいです。
(私は後で気づいたので、⑦の過程で行いました)

⑥ 本体のサイドを縫う

本体(+ポケット)を二つ折りにして、サイドを縫っていきます。

サイドを縫った

⑦ マチをつくる

ポケットのない部分が底になるように、袋を立体的に立たせます。

マチをつくる

水色の点線のところを縫います。

マチをつくる

不要な部分をカットします。

不要な部分をカット

マチができた

⑧ 縫い代をバイアステープでくるむ

ほつれにくい生地ならこのままでもOKですが、今回裏地に使用した生地はどんどんほつれるので、縫い代をバイアステープでくるみました。

縫い代をバイアステープでくるむ

内側の縫い代すべてを包み、縫ったところ。

縫いしろにバイアステープ

裏返してみると、内側ポケットがでろんと垂れてしまい、ポケットの役割を果たさないことが判明したので、ポケットの口の中央あたりを数センチほど本体に縫い付けました(⑤-2と同内容)。

ポケットの口の中央付近を本体にぬいつけ

表に返してみます。

表に返す

上から見ると……おお、いい感じにできた!

バッグ内をのぞきこむ

⑨ 持ち手をつける

ダイソーで買ったカバンテープを適切な長さに切りまして。
トート本体に合わせてみます。

表側につけるつもりだったのですが、内側につけたほうがしっくりきました。

持ち手は内側にしてみた

マチ針で留めて、テープ部分にミシンをかけます。

持ち手をつけて完成

完成

帯生地でつくったトートバッグを撮影した画像

帯生地でミニトートバッグができた

内側はこんな感じ。

トートバッグの内側

マチを大きくしたので、底のほうまでよく見えます。
ポケットも便利。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
広告  

おわりに

帯生地がかたくてしっかりしているので、トートバッグには適していました。

ポケットを省略すると、袋状に縫って底をつくり、持ち手をつけるだけなので、とても簡単に作れると思います。