ひとてま戦隊アレンジャー

洋服や小物のひと手間リメーク(リメイク)・アレンジを紹介しています。

【洋裁】テーパードパンツ - 自分サイズでつくると履き心地がとてもよい

白い壁にカーキのズボンが掛かっている

テーパードパンツつくってみた

テーパードパンツ、買おうかなと思いつつ。

上半身ガリなのに腰が張っている私。
何本も試着するのが面倒で、なんとなくスルーしていました。

ズボン用の生地が手に入ったので、以前購入した、素人向け洋裁本『家庭科3だった私が365日、手作り服でくらしています』にを参考にテーパードパンツを作ってみました、という話。

この本の特徴は、自分のサイズに合わせて、型紙からつくるのですが、難しくなくて素晴らしいです。
(私の感覚だと、一般的な洋裁本よりも楽に作れました。逆に、本格派の方には物足りないだろうと思われます)。

広告- - - - - - - - - -

 



作業のようす

ざっくり作業風景写真を貼っていきます。

材料調達

・綿97%、ポリウレタン3%の布(カーキ)
→たまたまデパートでハギレ市を開催しており、購入。

・布と同色の糸(近所の手芸店で)
・のび留めテープ(手芸店ドリームで購入)
・3センチの平ゴム(ダイソーで購入)

型紙をつくる

ズボンの型紙が床に置かれている

型紙をつくる

家庭科3だった私が365日、手作り服で暮らしています。 (美人開花シリーズ)の内容に従って、自分のサイズを採寸&型紙をつくりました。

型紙を自分でつくるってすごくハードルが高いと思っていましたが、素人でも簡単にできるように工夫されています。

裁断

型紙どおりに裁断

ポケット

伸び留めテープ

伸び留めテープ

伸び留めテープをポケットのところにアイロンで接着。

伸び留めテープを接着

ポケットのあるような服を作ったことがなかったので、初めて使いました。

怠け癖が顔を出して「テープ、なくてもよくない?」と一瞬思いましたが、なんとか妥協せずに。

ポケットを本体につけまして。

ポケットをつけた

縫い合わせていく

(トラブル 型紙をミスっていたことが発覚)

前パンツと後ろパンツを縫い合わせようとしたところ……長さが全然合わないぞ??

型紙をミスっていたことに気づく

型紙を作る段階で、前パンツだけ股下の長さをミスっていたことが発覚(※単なる私のおっちょこちょい)。

股下の長さだけならまだしも、それに合わせて斜めのラインも引いているので、「こりゃもう、布がムダになったわ……」と思いました。

「あーあ、せっかく良い生地を安く買えたのに、失敗しちゃった」としばらく放置していたのですが。

「良い生地だからこのまま捨てるのもったいないよなー。ちょっと細くはなるけど、長さ足したらなんとかリカバリーできるんじゃ?」と思いまして。

余っていた生地を使って、裾を延長。

裁断を失敗したけどリカバリーできそう

これで無事、前パンツと後ろパンツを縫い合わせることができました(前パンツ側がややタイトになってしまってはいますが)。

前パンツと後ろパンツを縫い合わせた

股ぐりを縫い合わせて。

股ぐりを縫った

表に返すと。

形になってきた

ここまできたら次はウエストの処理。

ウエストベルト

ベルトをつける

ウエストベルトをつけていきます。

縫い付けたらひっくりかえして。

ベルトを表に

内側に折ってミシンがけ。

ウエストベルトの直下をステッチ

ベルトがつきました!

ベルトがついた

ゴムを通します。

ウエストにゴムを通して縫う

ウエストはこんな感じに。

ウエストもできた!

ウエストもモロモロしすぎず、いい感じです。

裾を縫う

足元の裾を縫って。

裾を縫う

 

完成

テーパードパンツができた

広告- - - - - - - - - -

 



試着してみた

着用画像

自分サイズでつくっているので、びっくりするほどピッタリでした(当たり前なのですが)。
自分サイズだと、履き心地がとてもすばらしいのです。

腿の付け根らへんがすこしゆったりしすぎかな、とも思ったのですが、おしりのたるみを拾わずに済むので、このくらいでちょうどよさそうです。

おわりに

自分サイズがあまりにも心地よくて、もう市販のズボンは履けないかもしれない、と思っています。

ハギレ市で品のよい生地が安く手に入ったのも良かった。
材料費は全部合わせて2000円くらいでできました。
(でも、そう考えると、ユニクロ・GUってほんとにコスパすごいですよね……)。

夏用に、白い生地で作ってみようかなと思っているところです。
(白いボトムスって汚れるのが心配で使いづらいですが、自分で作れるならあまり気負わずに着られそう)

津田蘭子さんのほかの本も気になってきました。