ひとてま戦隊アレンジャー

洋服や小物のひと手間リメーク(リメイク)・アレンジを紹介しています。

てぬぐいワンピース(湯上がり着を改善)

以前、ダイソーの手ぬぐいを使って、湯上がり着を作りました。

hitotema-arranger.hatenablog.com

 

着やすさ、涼しさ重視のため、サイドは縫わずにひもで結ぶデザインにしたのですが、不便だったので、改善することにしました。

動いているうちにサイドが割れて、太ももがまるだしになってしまうのが困るので、脇を縫って、ワンピース型にしました。

湯上がり着をワンピースにしたBeforeAfterの画像

手ぬぐいでつくった湯上がり着をワンピースに


広告  

 

ひとてま改善の様子

ウエストのひもを除去

手ぬぐいで作った湯上がり着のウエストのひもの画像

背中側にひもをつけていた

ウエストで結ぶ用のひもをリッパ―で外していきます。

リッパ―をつかってひもをほどいているところの画像

ウエストのひもをリッパ―でほどく


サイドを縫う

一旦かぶってみて、どこまでを袖とするか検討。
袖の位置が決まったら印をして、あとはサイドを縫っていきます。

サイドにミシンをかけているところの画像

サイドを縫っているところ

 

ワンピースになった

両脇を縫ったら、無事、ワンピース型になりました。

手ぬぐいで作ったワンピースの画像

手ぬぐいワンピース

今回、同じ柄の手ぬぐいが手に入らず、裾の長さが合っていませんが(短いほうに合わせたほうがよいのですが、そうすると私には短すぎるため、このままいくことに)、自宅で着るだけなので、よしとしました。

来て見ると意外と変じゃない(と思っている)のです。

手ぬぐいワンピースを着用したときのサイドの画像

手ぬぐいワンピース着用画像

これで無事、動いているうちに太ももが丸出しになる現象は避けられそうです。


広告  

着心地について

手ぬぐいを使っているだけあって、また、ゆったりサイズなので、涼しいです。
汗も吸ってくれるので、お風呂上りにぴったり。
その点はけっこう気に入っています。

汗で濡れたりしたらすごく透けるのではないか、と危惧していたのですが、柄物の手ぬぐいを使ったおかげか、ほとんど気になりませんでした。

肌触りに関しては、ダイソーの手ぬぐいを使用したので、ちょっとゴワゴワしている感じはあります。

私は気にならなかったのですが(むしろ汗が吸われる感じがあって爽快)、肌触りに敏感な方は気になるかもしれません。

お値段は張りますが、ちょっとお高めの手ぬぐいを使えば、肌触りもかなり良く、快適だと思います。


おわりに

今回は湯上がり着として作ったものですが、夏の部屋着としても使えるな、と思っています。

濃いめの色味の手ぬぐいで、もう一着作ってみようと思っているところです。


広告