ひとてま戦隊アレンジャー

洋服や小物のひと手間リメーク(リメイク)・アレンジを紹介しています。

結ぶだけの簡易ショルダーストラップ

 

以前、ダイソーのフェイクレザーバイアステープでショルダーストラップをつくりました(現在も使用しています)。

(過去記事)

hitotema-arranger.hatenablog.com

 

・短いものも欲しくなった
・わざわざミシンを出さずとも、欲しいときにすぐ作れたらいいのに

と思ったので、ひもをナスカンに通して結ぶだけの簡易ショルダーストラップを作ってみました。

ショルダーストラップが欲しいけれど、ミシンを出してまで作るのは気力が、、、という方のご参考になれば、と思います。


(ご注意)
スマホポーチやサコッシュなどの、軽い荷物を想定しています。
結ぶだけなので、重いバッグには適していません。

自宅内でしばらく使用するなど、強度を確認してからご使用されると安心です。

広告  


必要なもの

・ナスカン(ダイソーで購入。4個で100円+税)
・平たいひも

ナスカンと紐

ナスカンと紐


ひもは、洋服を買ったときに付属していたものを使いました。

ひもが手元にない場合は、100均の丸紐か、バイアステープ(二つ折りにして縫う)など、長めのくつひももアリかもしれません。

(私自身はくつひもは試していないのですが、強度的には問題ないと思います。
ただし、結び目がほどけやすい気がするので、その点は注意したほうがいいかも。
濡らしてから結ぶとほどけにくいようですが、結び目にボンドを垂らしておくといいかな、と思います。)

つるつるした素材のひもはほどけやすいので、避けてください。


手順

ひもの長さを決める

ひもを肩にかけてみて、どのくらいの長さにするか決めます。

そこから両端に12cm程度ずつ、余裕をもたせて、ひもをカットします。

切断中のひも

ひもをカットする


ひもの端は、もちろんミシンや手縫いで処理してもよいのですが、今回は「とにかく手軽に」をモットーとしているので、使いません。

透明のマニキュアや木工用ボンドを端にちょんちょんと塗ればOK。
(マニキュアのほうが乾燥が速くて手軽ですが、ほつれが嫌ならボンドがおすすめ)

カットしたひもの端にマニキュアを塗る
カットしたひもの端にボンドを塗る
カットしたひもの端はマニキュアかボンドで処理



ナスカンを通して結ぶ

あとは、ひもをナスカンに通して結ぶだけ。

といっても、普通に結んだだけでは心配なので、私は二回結ぶことにしました。

一回目

ナスカンは端から12cm程度のところにセットします。
一回目は普通に結ぶだけ。

ナスカンにひもを通して結ぶ




二回目

最初に結んだあとのひもの残りも合わせて(二本を合わせて)、わっかを作ってくぐらせます(いわゆる「一つ結び」)。

一つ結びに



もう完成

ひもの左右両端にナスカンを通して結んだら、もう完成です。

外出前でも(材料が揃っていて)10分くらい時間があればできると思います。

ナスカンにひもを通して結んだだけのショルダーストラップ

ナスカンにひもを通して結んだだけのショルダーストラップ



広告  




おわりに

つるつるしたひもだとほどけやすいので、ご注意ください。
綿素材のひもであれば、比較的ほどけにくいと思います。

また、使っているうちに、下記写真の赤丸部分のひもが擦り切れてくる可能性が高いです。
定期的にご確認ください。

ひもが擦り切れてくる可能性あり


本記事の結び方では心配、あるいは不都合と言う場合には、ほかの結び方をお試しください。

キャンプなどで使う結び方であれば、ほどけの心配も少なそうです。


(蒲郡市教育委員会のページが詳しいです)

ロープの結び方 もくじ