ひとてま戦隊アレンジャー

洋服や小物のひと手間リメーク(リメイク)・アレンジを紹介しています。

古着二枚をポンチョにリメイク

着なくなってしまったジャンパースカートとネルシャツをカットして縫い合わせただけのポンチョの紹介です。

不要になった洋服のゆくえ

ファストファッションの流行やユニクロなどの台頭もあって、洋服ってすぐ増えてしまいますね。

私自身は、洋服に関してはあまり抵抗なく処分できるタイプの人間ですが、捨てる前に「何かに再利用できないか」ということを一度考えるようにしています。
気に入っていたものなどは特に、一部でもいいから残しておきたい、という気持ちもありますし。

古着から比較的簡単につくれるものの一つがポンチョやストールでしょうか。
生地を縫い合わせて、大きな長方形にしてしまえば、それだけで大判ストールのように使うことができます。

本記事で紹介するのは、頭からすっぽりとかぶるタイプのポンチョ。

高校生の頃に本当に適当に作ってみたものなので、あくまでご参考程度に読んでいただけると幸いです。

 

古着→ポンチョ:変身後の写真

遠い昔のことなので、もとの古着の写真はないのですが、ポンチョ変身後の写真はこちら。

f:id:shishi-book:20180927115404j:plain

古着から作ったポンチョ

黒い生地の方はコーデュロイ風だったので、切りっぱなしにしていたら、さすがにちょっとほつれてきてしまいました。

 

リメークの戦い

元の材料としては、黒いジャンパースカートと、もらいもののチェックのネルシャツです。
ロング丈のジャンパースカートは中学生の頃に着ていたものだと思います(もしかして最近では「ジャンパースカート」とは言わないのですかね)。
ネルシャツはサイズが大きくて、当時の私には似合わず、普通に処分しようかと思ったのですが、肌触りが良かったのと、黒い生地に合いそうだったので採用しました。

作業工程としては以下のようなイメージです。
(うろ覚えなので、ご参考程度になさってください)

f:id:shishi-book:20180927120517j:plain

ポンチョ作成イメージ


ジャンパースカートを腰の上あたりでカット。
輪になっているのでハサミを入れて開き、一枚の布に。
ネルシャツは胸から下あたりでカット。
ジャンパースカートの幅(水色の線部分)に合わせて、シャツからとった布の大きさを調整(一枚の布に)。このとき、横幅を長めにとっておくと、ややアシンメトリーになってバランスが良い気がします。
両者をつなぎ合わせ、安全ピンで仮止め。
頭を入れるあたり(シャツ生地のほう)にハサミを入れる。
着用してみてバランスなどを調整、首回りがほつれないように処理。
あとは安全ピンで留めたところを縫い合わせていくだけ。
必要があれば、ポンチョの裾などにミシンをかける(もともとスカートの裾だったところや、シャツの裾だったところはすでに始末された状態なので、何もしなくてOK)。

とにかく簡単に、という場合は、二枚を縫い合わせて、首のところに穴をあけるだけでもよいかと思われます(※ほつれにくい素材か、あえてほつれさせるタイプの素材(ジーンズなど)に限りますが)。

広告

 

着用してみた感想

適当に作ったわりには、仕上がりには結構満足していました(当時高校生でしたし)。
このポンチョに浅い色のデニムを合わせたりしていました。

ただ、ポンチョはなかなか使いづらかった…。
流行する年としない年があるので、流行しないシーズンは出番なし。
それから、頭から「かぶる」というのもちょっと面倒くさかったですね。
暑さ寒さに応じて着脱がしにくい(特にショルダーバッグをかけているときなど)ので。

使いやすさを重視するなら、流行に左右されにくく、かつパッと羽織りやすい、大判ストールにしてしまった方がよかったかな、とも思いました。

自分で手を加えると、愛着が増しますし、しばらく大事にとっておきましたが、使用する機会がほぼなくなったので、先日手放しました。

次に羽織りものを作るなら、使い勝手のよい大判ストールにしようと思います。