ひとてま戦隊アレンジャー

洋服や小物のひと手間リメーク(リメイク)・アレンジを紹介/アップサイクルにも挑戦中

セリアの手ぬぐい風タオルとハギレで夏用のペチパンツを作ってみた

膝下にセリアの手ぬぐいを配置

夏でも涼しげに履けて、スカートから出すとかわいい感じになるペチパンツをつくってみました。
足元にセリアの手ぬぐい風タオルを配置したのがポイント。

広告- - - - - - - - - -

 



本格的に素足が厳しくなってきた…

タイツやストッキングの締め付けが苦手すぎて、膝丈くらいのスカートであれば素足で過ごしてきました。

が。
ここ最近、加齢で足の血管が目立つようになってきて(下肢静脈瘤というほどではないけれど…気をつけないとなりそうな感じ)、膝下丈であっても、素足は厳しそうな。
誰も見ていないだろうけれども、不気味な色味になってきて、自分的に嫌。

時代遅れなのだろうけど、背に腹は代えられぬということで、ゆるめのレギンスを着用していたりしていたんですが。

ピタッとしているものって、真夏は暑いんですね。

ということで、スカートの下に履ける、薄手のペチパンツをつくることに。

使用材料・型紙

使用材料

・以前作った部屋着用白スカート(→白いタックスカート(部屋着向け))をリメイク

・手ぬぐい風タオル2枚(セリア、2023年販売品)

ちなみに。
全部手ぬぐい生地にしなかった理由は、透けすぎるから。
一応、スカートの下に着用するので、透けてもいいっちゃいいんですが……
万が一転んだりとかして露わになってしまったときに、ゴリゴリに透けるのは、ちょっとね。

★型紙は家庭科3だった私が365日、手作り服で暮らしています。 (美人開花シリーズ)のテーパードパンツを基本として、ポケットを省略したもの。

作業風景

まずは、スカートのウエストなどを解体して、四角形の布に。
裾は処理したまま利用して、手ぬぐい生地(の端を処理してあるほう)と重ねて縫いました。

白生地と手ぬぐいをつなげた

ここに、パンツの型紙を置いて、裁断。

型紙を置いた

前後ともパーツを裁断。

裁断しました

生地が重なっている箇所だけ、補強のため、もう一度ミシンがけしておきました。

で、この後は、ふつうのテーパードパンツと同じように縫い合わせていく。

縫い合わせる

ウエストベルトをつけて。

ウエストベルトをつけた

足元の裾を処理して。

裾を処理

ウエストにゴムを通して、完成。

完成

夏用の涼しげペチパンツ

テーパードパンツ自体はこれでもう5本目なので、さすがにサクサク作れるようになってきました。

広告- - - - - - - - - -

 



着心地

足元の、手ぬぐい部分は風が通るので、とても涼しくてよかった。
(むしろ冷房がきつい場所だと冷えるくらいかも)

以前作った白いジャンスカなどに合わせて使っていこうと思います。

同じ型紙で作ったほかの作品

 

hitotema-arranger.hatenablog.com

hitotema-arranger.hatenablog.com

hitotema-arranger.hatenablog.com

hitotema-arranger.hatenablog.com