ひとてま戦隊アレンジャー

洋服や小物のひと手間リメーク(リメイク)・アレンジを紹介しています。

薄手生地で作ればサブバッグにも「あずま袋の三角バッグ(『yanの手づくり手帖』より)」

「あずま袋の三角バッグ」を作ってみました。
(※型紙・作り方は『yanの手づくり手帖』さんのものを使用させてもらいました。)

f:id:hitotema-arranger:20210904155859j:plain

あずま袋の三角バッグ


サブバッグ問題

小さいバッグが好きなのに、どうしても荷物が多くなってしまいがち。
ということで、外出時はサブバッグを持つことが多いです。

軽くてかさばらないエコバッグでええじゃないかという気はするものの。
ナイロン製のものはカジュアル寄りですし、服の感じに合わない気がすることもありますよね。

そこで以前、ちょっとハリのある生地でワンハンドルのバッグを作ったわけなんですが……

hitotema-arranger.hatenablog.com


フォルムをスッキリさせたくて縦長にしたものの、底のほうの荷物が取り出しにくくて&あまり量が入らなくて、結局あまり使用しておりません。。。

エコバッグほどカジュアルすぎず、トートバッグほどかっちりせずな感じで、適切なサブバッグはないかとずっと頭を抱えておりました。

いろいろ調べていたところ、『yanの手づくり手帖』さんのサイトで「あずま袋の三角バッグ」を発見。

yansewing.com


普通のあずま袋よりもスッキリしたフォルムで、ひもの長さ次第で肩掛けにも斜め掛けにもできそうなデザイン。

薄手の生地でつくればサブバッグとしても使えそう。
「これは!」と思い、作ってみました。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
広告  

作業のようす

型紙・作り方とも『yanの手づくり手帖』さんのサイトにありますので、詳細はそちらをご覧ください。
本記事では作業中の写真をざっくり貼っていきます。

今回使用したのは、引越し後にとりいそぎで購入したダイソーのカーテン。

グレーに星がプリントされた布

ダイソーのカーテン

このまま捨てるのももったいなく、ちょこちょこリメイクして使っています。薄手のポリエステル生地なので、意外と使えます。

(他にリメイクした例)

hitotema-arranger.hatenablog.com



型紙のとおりに裁断し。

裁断したところ


縫い合わせていきます。

外袋と内袋をつくっていく

持ち手をつけて(型紙よりも少し短くしました)、外と内を重ねて縫いまして。

表袋と内袋ができた

できた!

完成

あずま袋の三角バッグ

つかいごこち

肩ひもがばらけなくて便利

エコバッグなどは、持ち手が二本ついていることが多いですよね。
素材がつるつるしているせいもあると思うんですが、肩にかけていると、片方の持ち手がだらんと落ちてきたりしますよね。
それに気づかずに歩いていると、さらにもう片方の持ち手が肩から落ちて、エコバッグごといきなりずり落ちてビックリすることが……。

でも、「あずま袋の三角バッグ」は持ち手が一本&細めなので、肩からずり落ちてこなくて、持ちやすいと感じました。

絶妙なサイズ感

バッグの容量・深さがちょうどよく、物が取り出しやすいです。
「巨大バッグの中で細かいものが迷子になる問題」もなし。
なのに、けっこう入るのがありがたい。使いやすいです。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
広告  

おわりに

服の感じに合うエコバッグ(既製品)を探すのはけっこう面倒ですが、自宅に余っている布などでつくれば、自然と自分のテイストに合うので、おすすめです。

かなり使いやすかったので、生地を変えて何枚か作ろうと思っています。

参照サイト

yanの手づくり手帖