ひとてま戦隊アレンジャー

洋服や小物のひと手間リメーク(リメイク)・アレンジを紹介しています。

【リメイク】ワンピースのサイドを開いてスリットタイプにしてみた

以前、洋裁本を見ながら作った「袖なしウエスト切り替えワンピース」。

hitotema-arranger.hatenablog.com

 

ちょっと使いづらくて、あまり、というかほとんど着ていませんでした。せっかく作ったのに、放置はもったいないよなあ、とずっと思っていて。
この度やっとリメイクにとりかかりました。

f:id:hitotema-arranger:20200422114240j:plain

ワンピースをエプロンワンピにリメイク

形を大きく変えたわけではないので、写真を見る限りだと「どこが変わったの?」感は否めませんが……。

元のワンピースでは前身ごろと後ろ身頃をサイドで縫い合わせてありました(要するに普通のワンピース)が、前身ごろと後ろ身頃を開いて、両者をひもで結べるようにしました。

(サイドスリットワンピース イメージ図)

f:id:hitotema-arranger:20200407002301p:plain

広告- - - - - - - - - -

 




リメイクの詳細

手順

① 元のワンピースのサイドと裾をリッパ―でほどく

f:id:hitotema-arranger:20200407001050j:plain

サイドをほどく

肩の部分のみつながっている形状にします。

f:id:hitotema-arranger:20200407001213j:plain

肩だけつながっている

 

② サイドを(単独で)縫う

サイド四か所を三つ折りにして、ミシン掛け。

f:id:hitotema-arranger:20200407001650j:plain

サイドを縫う

 

③ 裾を縫う

元のワンピースは丈が短かめだったので、ついで丈を調整しました。
前スカートと後ろスカートの裾をそれぞれ三つ折りにして、ミシンをかけます。

④ ひもをつける

サイドで結んだり、前後で結んだりできるよう、ひもをつけます。

本来ならば、元のワンピースの生地からとるのがいいのだろうと思いますが、面倒くさかったので、私はリボンを使いました。

f:id:hitotema-arranger:20200407002524j:plain

リボン


ユザワヤで購入したものです。
表面に凹凸があるタイプ。
切りっぱなしでもなぜかほつれない強者。

(くつひもとしても使用している) 

hitotema-arranger.hatenablog.com

 


なお、表面がつるつるしたリボンだと、すぐほどけてしまうと思うので、リボン選定にはご注意ください。

ほどけるのが嫌であれば、リボンよりも、綿のバイアステープを縫ってひも状にしたものがいいかな、と思います(結び目がほどけにくいので)。

 

 

さて、リボンを70センチ程度にカットしたものを4本用意します。

ウエストの切替部分の縫い代に5センチ程度縫いつけました(4か所)。

f:id:hitotema-arranger:20200407003023j:plain

リボンをぬいつける

⑤ 完成

サイドを結んだ場合はこんな感じ。

f:id:hitotema-arranger:20200407003251j:plain

サイドを結ぶ

前(後ろ)スカートどうしを背中側で結び、後ろ(前)スカートどうしを前で結ぶとこんな感じになります。

f:id:hitotema-arranger:20200407003439j:plain
f:id:hitotema-arranger:20200406235231j:plain
前でむすぶ

元のワンピースが前後(ボタンアあり/なし)どちらを前にしても着られるデザインでしたので、エプロンワンピとしても前後どちらを前にしてもOKな仕様となりました。

広告- - - - - - - - - -

 



着心地

元のワンピースでは、少しかがんだ程度でもスカートがザバッと垂れて地面につくことに困っていたのですが、前(後ろ)で結べるようになったので、垂れにくくなりました。

結び方によっては「ものすごい深いスリット」状態になる場合があります(チャイナドレスのスリットが脇まで入っているイメージ)。
なので、外出着にするのであれば、ジーパンやスカートなどのボトムスは必須。


(後日談)
ジムに行くときに、運動着の上からバサッとかぶっています。
「トレーニング」感を少し隠せるので帰りにスーパーに寄るときなどに便利です。